俳句創作集『いわきへ』

■2012.11.30 俳句創作集『いわきへ』

「海道いわき文化探訪の旅」(プロジェクト傳企画/2012年7月、9月)に参加した俳人7人が、俳句創作集『いわきへ』を刊行しました。

 相子智恵・太田うさぎ・菊田一平・関悦史・鴇田智哉・宮本佳世乃・四ッ谷龍の7名による、いわきでの経験をもとにした俳句作品集です。

 他の土地から被災地を訪れた人間が、災害を題材にして俳句を作るというようなことはやってもいいのだろうか、とあれこれ思索し、一方で自分たちが目にしたことは、自分たちなりのやり方で人々に伝える必要があるのではないか、という思いもあって、話し合い、意見を交わしあいながらこ の冊子を発行することを決めました。

 本文60ページ、一人30句〜100句を収録。

相子 智恵

  空へ上げ空より下ろす踊りの手         

  柿一つそなへて点る獅子頭

  いま胸を蹴りし飛蝗が稲の中

太田 うさぎ

  屠られし鶏の薄目の繊月ほど

  じやんがらや夜目に浮き出す百日紅

  流れ星伝馬船いまどのあたり

菊田 一平

  ジオラマにかの日かの時までの町

  梛の木は神の宿る木つくつくし

  こもごもにねぶつをどりの腰揺らす

関 悦史

  秋濤や岩の穴どもみな眇

  残りし壁に「イヤ」と大書やいはきの秋

  瓦礫の壁と松並木より秋光が

鴇田 智哉

  うなばらが照りぬ樹液にすずめばち

  地は秋の車のなかの一家族

  をどり果てて星が細かくなつてゐる

宮本 佳世乃

  みんなゐて青田の風のまぶしかり

  灯台のまなうらへ蛇たどり着く

  新しき鳥居をくぐりひらける虹

四ッ谷 龍

  土台のみ残れる家に見つめられ         

  日は巡り浜菊会のはじめかな

  いわき市は深い卵として暮れる

「われわれは、必ずしも現地で俳句を作ろうと思ってこの旅に参加したわけではありませんでした。

 被災地を題材にして俳句を制作するというようなことは、むしろ非常にむずかしいのではないかと、考えていたかもしれません。しかし、昼に被災地を自分たちの目で見て、その夜さまざまに語らう中で、参加者の一人が、『俳句を作ろう、お互いが作った句を交換しあおう』と提案したとき、それはやるべきことだと、全員が感じました」(まえがきより)

俳句創作集『いわきへ』

2012年11月30日発行

発行人:四ッ谷龍

定 価:1,000円

入手希望の方は下記へお申込みください。

1冊 1,000円(送料別)

申込先:四ッ谷 龍

e-mail:loupe@big.or.jp


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square